夢標

あなたもどこかで走っているんだと

そう思うと 強くなれた

あなたを探し当てる前に

私の道を見つけよう

少しずつ遠くまで見えてきた

私が選んだ道にきっと

あなたが待ってくれている

そしてまたきっと

私を照らしてくれる

間違ってないかな

幸せになれるかな

夢の道は冒険のように

私をはげましてくれる

力強く進もう

夢標

こっちだよって

笑ってはしゃいで

照れながら

こっちだよって

信じています

ずっとずっと

足跡は

きっとまた誰かの

夢標

あなたを信じて

必ずいつか

会いに行きます

夢標

夢標の書き直しが思い通りにいかない。思い通りと言うと語弊がある。望風は、完全に行き詰っていた。自分を幼稚だとか稚拙であると責めた。どんな曲にしたいかわからなくなっていた。でも、悲劇のヒロインぶるつもりはない。一刻も早く、一分でも早く、夢標を完成させて日向に見てもらいたかった。期待に応えたかった。望風はまた表情を凛とさせて、もう一度夢標と向き合った。

望風は、作品と向き合う度に思う、なぜこんなに覚悟がいるのか。なぜこんなに力を使うのか。言葉を探って探ってたどり着くまで、とても力を使う。たどり着いたところが、素直の根源みたいなところなら、普段かなり偽物の鎧を着ていることになる。もっと素直に生きられたら……、作品をつくることも、こんなに苦しくないのかもしれない。

焦れば焦るほど、わかる。何を伝えたいのか定まっていないことが。夜も更ける頃だったが、望風は、奏多へ向かった。ひとりきりで自分と向き合うには、いい月夜だった。思い出してしまう。日向との時間を。作品作りに集中したいのに。

でも望風はわかっていた。詩を書くときは、自分の一番素直なときでなければならない。日向のことも、自分と素直に向き合うしかなかった。そう思った瞬間、夢標のイメージが動き出す。静止画のように、停まったまま動かなかったのに、再生が始まる。

※本記事は、2021年7月刊行の書籍『KANAU―叶う―』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。