2008年

無言社会日本

毎日、灰色の雲に覆われた空からじとじとと小雨が降り、うすら寒くもの悲しいフランスの冬特有の天気が続いている。日本のカラッと晴れた冬空を恋しく感じる時期だ。

二〇〇七年の年末から一時帰国し、一月二日にフランスに戻り、三日から仕事が始まった。フランスの正月は元旦だけが休日である。年始は日本のように年頭朝礼や挨拶回りなどもなく普段と変わりなく仕事に入る。

“ボン・ジュール”だけではなく、そのあとに“ボン・ナネ(新年おめでとう)”という挨拶を交わすのだけがいつもと違う点だ。そして「休暇はどうだった?」という話題になる。私は年賀状を日本から持ってきて、今年はねずみ年だと説明しながらフランス人に配った。裏面には“賀正、本年もよろしくお願い申し上げます”と日本語で印刷したが、その文字を指して「これは何と書いてあるの?」と聞かれ、賀正は“A Happy New Year”と説明した。

さてフランスに住んで、時々日本に帰ると感じることがある。挨拶についてである。日本人はフランス人に比べて挨拶することが極端に少ないと感じるのだ。

空港で出国、入国の手続きをする際フランスの係官は必ず“ボン・ジュール”という。成田空港で日本人の係官は無言である。もっとも、パスポートを出すこちらも何も言わない。

機内ではどうだろうか。エール・フランスでは機内食などのサービスを受ける際、ほとんどの乗客はキャビンアテンダントに“メルシー”と言う。だがJALの機内で“ありがとう”という日本人はまずいない。ほとんどの乗客が無言で受け取る。

私は成田から前橋の自宅までスカイライナーと新幹線を乗り継いで帰るが、混んでいる車内を移動する際、“すみません”と声をかける人は少数派で、多くの人が身体がぶつかっても何も言わず通り抜けてゆく。一方TGVの車内ではこんな場合、必ず“パードン、ムッシュウ”とか“エクスキュゼモア”と声をかける。

アパートのエレベーターで乗り合わせても、日本では無言だが、フランスでは“ボン・ジュール、ムッシュウ”、“ボン・ソワー、マダム”と必ず挨拶する。知らない人同士の間で挨拶をしない日本人と挨拶をするフランス人。

もちろん日本人でもフランス人でも知っている同士の間では挨拶をする。それは同じである。だが、見ず知らずの他人同士の公共の場でのコミュニケーションで、この日本人の無言というのはちょっと異様に感じられる。

これは最近の現象だろうか。“すみません”と言ってから行動する人が少なくなったと感じるのは私だけだろうか。日本社会は単一民族で均一化されているので多くを語らなくても通じ合える社会だというのが通説である。あ・うんの呼吸などという言葉はそれを象徴しているとしてよく引用される。だがそれは挨拶したあとの話であって、昔は挨拶するのは当たり前のことだったのではないだろうか。

小さい頃、母親から「道で近所の人に会ったら必ず仁義する(挨拶するという意味)ように」と何度も言われた記憶がある。フランスでも親から挨拶するようにと教育されるという。会社でも企業委員会(日本の会社では労使協議会に相当する会社と組合との定例会議)で「最近挨拶をしない人が増えた」ことが話題になったりする。こうした傾向は日本もフランスも同様なのかもしれない。

でも日本人の私から見ると、フランスはとてもよく挨拶する社会だと感じる。以前は日本に来た外国人は一様に日本人の礼儀正しさに感動したという話がたくさんあった気がするが、最近はさっぱり聞かなくなった。礼儀正しい日本人は遠い昔のことになってしまった。

それにしても日本の現在の「無言社会」は異常だと思う。ニート、引きこもり、すぐキレル人などコミュニケーションの問題が声高に叫ばれる昨今の日本だが、そのとっかかりとなる挨拶がきちんできなければ、コミュニケーションの改善などおぼつかないのではないだろうか。