「さて、じゃあ勉強始める前にコレ」

「なんです?」

「プレゼント。昨日誕生日だったでしょ。前言ってた」

「言ったの自分でも忘れてたのに。覚えててくれたんですか? スゴい!」

「うんまあ」

嘘である。以前に桃から誕生日のことを聞いていたのである。ラッピングしたアーシュラ・K・ル=グウィンの『ゲド戦記』をプレゼントした。もしかしたらすでに持っているんじゃないかと若干不安だったが、持っていなかったようで、すごく喜んでくれた。

今日で最後だし、誕生日だし、授業はやめてスイーツでも、と思ったけどやめた。せっかくここまでうまくいっているのだ。特別なことはしなくて良い。ただ、最後にどうしても聞きたいことがあった。

「ねえ、突然だけどペット飼ってる?」

「え? ペットですか?」

本当に唐突過ぎたみたいだ。

「えーと、私は飼ってません」

戸惑いながら答えるヒカルに、俺はさらに聞く。

「『私は』ってことは、ご家族は飼っているのかな?」

「うちではないです。近くに住んでいるおじいちゃんが犬飼ってるので、行けば一緒に遊びますけど。なんでですか?」

心臓が高鳴る。一瞬迷ったが、決心して切り出す。

「その犬の名前、当ててみていい?」

「はあ」

話の展開についてこられないようだったが、ここまできたらもう構わない。

「桃太郎?」

大きな目がさらに大きく見開かれる。それで的中したと分かった。当たる予感はあったけれど、それでもやっぱり驚かずにはいられない。

「これもどこかで話しましたっけ? あれ、でも『ペットいる?』って今聞いたってことは、前には話してないですよね?」

「いやあ……」

なんて言おう。でもごまかし方を思いつかなかったので、思ったことをそのまま口にした。

「魔法」

※本記事は、2021年5月刊行の書籍『金曜日の魔法』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。