がくとくんは体が大きくて、いつもいばりんぼうだ。

いっしょにブロックで遊んでいても、一こしかない大きな板みたいなやつひとりじめしちゃうし、ドッジボールも強いから「おれがいるチームがいつも勝つんだよね」と言っている。

ドッジボールがとっても上手だし、ダンボールで工作する時にはガムテープを切るのがとっても上手だから、ぼくはがくとくんがかっこいいと思うけど、ちょっといばりんぼうなのは、いやだな。

そんながくとくんが、しょんぼりしている。

がくとくんにも苦手なものがあったんだね。ぼくは牛にゅうが大すきだけどさ。と、ちょっぴりがくとくんに勝った気持ちになった。

「がくとくん、牛にゅう飲んだことないの?」

と先生が聞いた。

「あるよ。お家で飲んでみたんだけど、気持ち悪くて、全部出しちゃった」

とがくとくんが言った。

「そうなんだー、でもね、ようちえんの牛にゅうはとくべつ美味しいんだよ!

だから、がくとくんに飲んでほしいなー」

と先生が言った。

がくとくんの目になみだがたまってきた。がくとくんのなみだなんて、見たことない。よっぽどくやしいんだなぁ。とぼくは思った。

「一口、一口だけ、ちょびっとでいいから飲んでみたら? とくべつ美味しい牛にゅうなんだけどね。みんなでいっしょに飲むともっと美味しいと思うよ」

先生が言った。

がくとくんは目になみだをためながら、ストローを口に近づけようとしていた。

「がんばれ! がんばれ! がくとくん!」

みいちゃんが、はく手をしながら言った。

そしたら、みんなも

「がんばれ! がんばれ! がくとくん!」

と、みいちゃんに合わせて言った。

ぼくも合わせて言った! そら組のみんなでおうえんしたんだよ!

ぼくは、がくとくんにちょっと勝った気持ちでいたけど、でもがんばってほしいと思ったんだ。

がくとくんが、ストローに口を近づけて、ほんのちょっと飲んだ。

「うっ!」

がくとくんがおしぼりで口をふいて、牛にゅうは飲んでないんだなってみんなわかったから、みんなのおうえんが止まってしまった。

みんなちょっとがっかりしていた。

がくとくんはくやしそうにしていた。なみだが出てきちゃっていたよ。

※本記事は、2021年12月刊行の書籍『おっぱいなんてだいきらい』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。