種々の木が各自の故郷こきょう物語る 家恋しさにくじけないよう

枯れ草のしたに若草萌え出して 塗り変えて行く緑目映まばゆ

 

晴れ間射し気温は夏日に上がるけど 風は清涼薄雲の保護

※本記事は、2015年12月刊行の書籍『歌集 漣の夢』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。