第2章 リズムメイク

5. 適度な変化量が心地よいリズムを生み出す

違和感がなく自然な変化

リズムで見ている人の視聴意欲を高め没入させるには、映像の流れに心地よいパターンを生み出さなければなりません。先述のとおり、映像リズムは数値化と記号化が難しく、直感に頼る部分が大きいです。

まずは基準となるリズムを作り、そこから相対的に刺激と安定を作り出していきます。基準となるリズムは、「違和感がなく自然な変化」つまり普通と感じるリズムのことです。

では普通のリズムとはなんでしょうか?

次のA〜Cのカット変化で一番違和感がなく、心地よく感じるリズムはどれだと思いますか? 1カット目と2カット目が1秒ずつ交互にくり返されるとイメージしてください。

[図1]カット変化で一番違和感がなく、心地よく感じるリズムは?

おそらくほとんどの人がAだと思ったはずです。

Bは変化の差が大きすぎて強い刺激を感じます。Cは変化が微妙なジャンプカットになっており、違和感を感じます。Aは適度な変化のため一番違和感が少ない、つまり普通だと感じたと思います。

このように自然なリズムを作り出すには適度な変化が必要です。適度な変化を具体的にいえば、ウエストショットからバストショットくらいのサイズ変化、正面にカメラを構えた場合、30度くらいのポジション変化です。

変化が強すぎても弱すぎても自然なリズムにはなりません。

インパクト重視の映像はBのような刺激の強い変化が多用されます。若い人ほど刺激的な映像を好む傾向があり、変化の多い編集をやりがちですが、まずは普通のリズムを作り出すことを最優先しましょう。

この適度な変化はサイズ、角度だけでなく、以下の6種類に分類することができます。

サイズ変化( ロングショット、フルショット、ウエストショット、バストショット、クローズアップ)
アングル変化( 目高、あおり、俯瞰、正面、斜め、横)
画面位置変化 (中央、右寄り、左寄り、上寄り、下寄り)
明度変化( 明るい、暗い)
色変化 ( 暖色系、寒色系)
意味変化( 男と女、人間と自然、日常と非日常など)

※本記事は、2020年5月刊行の書籍『伝わる映像 感情を揺さぶる映像表現のしくみ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。