体が弱ってくるのとは反対に、カルロスのうったえはだんだん強くなった。診察に来た医師の手を放さないのだった。

「先生、お願いです」

あまり、懸命にうったえるので、ついに願いがかなった。逮捕されてこの病院に来てから、二年がたっていた。カルロスは、いつ死んでもおかしくないほどだったので、刑務官たちの優しい心づかいで、死ぬ前に望みをかなえてやろう、ということになったのだった。

その日、カルロスが目を開けるとへロイーナとソフィアとフランシスコがいた。カルロスの心は、願いがかなった喜びでいっぱいになった。

「へロイーナ」

カルロスが、ふるえる手をのばして呼んだ。

(いいですか?)

とでも言うようにへロイーナは、ソフィアをちらっと見上げてから、カルロスに近づいた。近づいてくるへロイーナを見ていたカルロスの目が、へロイーナの首にかかっている銀のメダルにくぎづけになった。それは、自分が子供だったころ、母と一緒に牧場で暮らしたフィオリーナのメダル、自分が彫った「F」の花文字にちがいなかった。

カルロスの頭に、最後に見たフィオリーナの姿がよみがえった。今、目の前にいるへロイーナが、そのときのフィオリーナとそっくりであることに、初めて気が付いた。

(へロイーナとフィオリーナは同じ犬だ!)

カルロスの混乱した頭の中に、この思いが(うず)を巻いた。思わず、カルロスの口からなつかしい名前が出た。

「フィオリーナ」

その瞬間(しゅんかん)、へロイーナの体がびくっとふるえた。へロイーナは大きくとび上がって、カルロスのベッドに前足をかけ、カルロスの顔のにおいをかいだ。ソフィアとフランシスコはわけが分からず、立ちすくんでいた。へロイーナが一瞬にして、子犬に戻ってしまったように見えた。

「フィオリーナ。悪かったな。俺のしたことを許しておくれ」

カルロスはへロイーナの背中をさすりながら、何度も何度も謝った。へロイーナと会った翌日、カルロスは死んだ。口元に、ほほえみを浮かべて安らかに息を引き取った。

※本記事は、2021年7月刊行の書籍『ヘロイーナの物語』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。