海外旅行大好き

学校の夏休みもそろそろ終わるが、まだまだ暑さは引かないようだ。縁側(えんがわ)から真っ青な空を眺めていたら、飛行機がゆっくりと横切る。まっすぐな飛行機雲が青い空によく()える。

父「おまえは飛行機も(こわ)がらないし、外国も大好きだけど、香港(ほんこん)にはもう行けないかもね」

子「すごいデモとかニュースでやってたから?」

父「デモの中心的存在(そんざい)だった女性が逮捕(たいほ)されちゃって、10か月刑務所(けいむしょ)に入れられるんだって。自由を求めたら自由を(うば)われるって……もう今までの自由で(はな)やかな香港(ほんこん)じゃなくなる」

子「(ぼく)は別に香港(ほんこん)行きたいって言ってないよ」

父「そうか。ハワイだったね。でも餃子(ぎょうざ)焼売(しゅうまい)大好きじゃん。それが好きな人は一度は香港(ほんこん)で食べないとって聞くよ」

子「餃子(ぎょうざ)はお母さんのが一番美味しいし、焼売(しゅうまい)崎陽軒(きようけん)のお弁当があればいいよ」

父「香港(ほんこん)がそこにあるのね」

子「今はコロナで出来ないかも知れないけど、香港(ほんこん)からお取り()せすればいいじゃん」

父「それを言い出したら外国行かなくていいじゃん。なんで外国行きたがるの?」

子「飛行機は、アニメ見放題で、ジュースやお菓子(かし)がたくさんもらえるんだよ」

父「なるほど……でも世界中が香港(ほんこん)みたいに混乱(こんらん)して、自由じゃなくなったら、どこにも行けなくなるから(こま)るでしょ」

子「飛行機に乗る理由がないと(こま)る」

父「じゃあ、アニメとジュースとお菓子(かし)を守るために、世界中のみんなの自由も守ってね」

お父さんのひとりごと

子どもにとっての自由とは、学校が休みだとか、宿題がないとか、ごく狭義(きょうぎ)の自由でしょう。日本での当たり前は、外国ではそうではないということを知ってほしい。日本の素晴(すば)らしさを知るためにも、海外情勢(じょうせい)を知ってほしい。

息子には、飛行機恐怖症(きょうふしょう)(わたし)を反面教師(きょうし)として、(はだ)感覚(かんかく)で世界を知るべく、外国で見聞を広めてほしいと思います。

※本記事は、2021年9月刊行の書籍『親子で語りたいテーマ24』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。