受信する音響速度はやければ 己れ忘れて二時間過ぎぬ

 

電報を送りつくして息づきぬ 早や夕暮れて暗き窓外

 

命弱く生き継ぐ吾や冷やけき 柿の若葉に手触れて嘆くも

※本記事は、2021年5月刊行の書籍『短歌集 蒼龍の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。