秋の野は遠き峯より風吹きて ひねもす雲の流れやまざる

 

 
 
 

もみの木の幹樹もとぎに射せる秋の日の 光を惜しみ山をくだれり

 

 
 

遠山に吹き寄せらし寒雲さむぐもに 夕日染みつヽ冷えしきりなり

※本記事は、2021年5月刊行の書籍『短歌集 蒼龍の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。