高山たかやまあまつさ霧は覆ひ来て 明けの寒さの沁み徹るなり

 
 

おぼほしく智異峯ちゐねをおほふ雲の海の 最中もなかに立てば神代し偲ばゆ

 
 

次々に狭霧は山を離れゆき 遠く移らふ雲となりつつ

※本記事は、2021年5月刊行の書籍『短歌集 蒼龍の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。