喬木帯つきて明るき草原に 嶺より寒く風吹きいでぬ

 
 

おのづから深山みやまの川はせばまりて 笹生ごもりの音の乏しさ

 
 

雲過ぎてつかの間濡れし山頂の 灌木地帯を夕日照らせり

※本記事は、2021年5月刊行の書籍『短歌集 蒼龍の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。