靄青く漂よふ夕べ地震ぢなへして 貨物列車が長く通れり

 

たたなはる智異の青峯あをねに雲上りて たなびく見れば神さびにけり

 

せばまりし峡の奥空清しけれ 智異の高峯たかねの青く照る見ゆ

※本記事は、2021年5月刊行の書籍『短歌集 蒼龍の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。