梅雨空地上を覆う厚い雲 弱い生物守り包んで

 
 

六月の声を聞く今夏も来て ジューンブライド季節訪れ

 
 

清楚せいそ十分床屋じゅうぶんとこや散髪し わずかな時間大きな違い

※本記事は、2012年12月刊行の書籍『歌集 星あかり』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。