秋凄し 大きな星の 空に飛ぶ

【鶏の唐揚げ】

材料(4人分)
鶏もも肉…2枚(約600g)
★白だし…大さじ2
★酒…大さじ2
★黒こしょう…少々
★しょうが(すりおろし)…少々
片栗粉…大さじ5
小麦粉…大さじ5
ししとう…10本
レモン…1個
揚げ油…適量

作り方
1 鶏肉全体にフォークで穴をあける。焼き縮みが防げ、下味のなじみもよくなる。
2 鶏肉の余分な脂を取り除き、食べやすい大きさに切る。
3 ビニール袋に、鶏肉と★の調味料を入れよくもみ、30分〜1時間おく。
4 ししとうは素揚げしておく。
5 別のビニール袋に片栗粉、小麦粉を混ぜ合わせる(※片栗粉1:小麦粉1割合で肉の量や好みで加
減する)
6 3の鶏肉の水分をきり、5のビニール袋に入れて、粉をまぶす。
7 170℃前後の中温の油で揚げる。2分ほどでバットに移し、余熱で火を通す。
8 さらに180℃で2〜4分揚げる。

「低温」150〜160℃→ころもをひとつまみ落とすと鍋の底まで沈み、ゆっくりと浮き上がる。
「中温」170℃程度→ころもをひとつまみ落とすと底までいかず、浮き上がる。
「高温」180〜190℃→ころもをひとつまみ落とすとすぐに浮き上がる。

※本記事は、2019年12月刊行の書籍『一食一句 五・七・五で伝わる母の味』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。