「野原さんは、失礼ですが奥様は?」

話題を変えて訊いてきた。

「三年前に先立たれました」

「あ、つらいことを思い出させました。すみません」

「いえ、そんなお心づかいはどうぞ、なさらないで下さい」

「有難うございます。お子様方は?」

「はい。息子が一人おります。横浜で世帯を持ちまして、孫が二人おります」

「それは。男の子さんですか?」

「上が女で下が男です」

「可愛いでしょうね」

小笠原老人はステッキにすがるように立ち上がった。

「どうも野原さんですと、お喋りになってしまいます。お仕事のお邪魔だったのでは?」

「いえ、邪魔どころか、お話できて嬉しいです。どうぞお気をつけて」

私は公園の出口迄送った。

小笠原老人は例のごとくベレー帽を少し傾けて挨拶して、国道を帰っていった。

昼食を美代子シェフの店でとり、客が多かったので彼女と話すのを遠慮して公園に戻った。

ベンチに腰を下ろすと、足下に鳩が一羽飛んできた。

続いて二羽、そして一羽と舞い下りてくる。

そのうちに飛び去ると思っていたら、増える一方で、十羽以上になった。

彼等はどこから来るのだろう。

私は空を見上げた。

澄んだ青空の片隅を切りとるように公団住宅の上部が見える。

2公団住宅に屋上施設はない。

そこが鳩達のねぐらになっているのか。

パトロールをはじめた。

陽はあたっているのだが風が冷たい。

そろそろ携帯のカイロを使用するか。

そこへ公園課の小原係長がやってきた。

相変わらずのオレンジ色の役所のジャンパーで、よく目立つ。

「野原さんの推測通りでした」

挨拶もそこそこに彼は告げた。

「今朝の鳩はカラスにやられた公算が大です」

「そうでしたか。確信は無かったんですが」

「はい。契約している獣医さんに見てもらいました。それでこれはお願いしたパトロールの件とは関係ありませんので、どうぞお気になさらないで下さい」

「わかりました」

それを知らせる為にわざわざ自転車をとばして来てくれたのか。

私は頭を下げた。

「お気づかいを頂きました。本当に有難うございます」

「いえ、そうお気になさらずに。それより何か野原さんに悪態をつく人間がいる、と聞きました。さぞ不愉快なことでしょう。余りひどいようでしたら、私共へご連絡下さい」

「有難うございます。でも大丈夫です。この仕事をしていますと、けっこうあることでして、慣れています」

「そうですか。実はあの方達は札つきで、役所へもかなり頻繁にクレームをつけにきます」

「大変ですね、お役所も」

「私共は立場上仕方ありませんが、野原さんに直接何か言うというのは筋違いです。その様な場合はどうか遠慮なさらずに私共へ申しでて下さい」

そう言って頭を下げると役所へ戻っていった。

それにしてもこの人の我々に対する態度には頭が下がる。

えらぶらず丁寧で、必要事項は隠さず教えてくれる。

今日迄何度も役所関係の仕事をしてきたが、この様な人は初めてだ。

この人が担当の仕事をしているのだ。

あんな連中に悪態をつかれるぐらい我慢しなくては……。

※本記事は、2021年6月刊行の書籍『鳩殺し』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。