歌劇 『雪女の恋』

❖登場人物

雪女 こゆき

姉 ふぶき

里人 弥助

山の神

第七場

弥助: また 泣いている

ずっと 幸せそうだった 小夜

鈴が転がるような 声

こぼれるような 笑顔

その小夜が 物思いにふけるようになった

嫁に来て三年目

独り 人知れず 泣くようになった

私に見せる 幸せそうな 顔

いとし子 抱く 幸せな 顔

その陰で 小夜は 泣くようになった

ある日 そのわけに 気づいた

気づいた その日から 私は……

音楽「月が欠ける夜」。

こゆきは弥助に気づき、あわてて立ち上がる。

こゆき: あ お前さま お帰りでしたの?

弥助: おお 今 帰った

こゆき: 夕餉の支度を しましょうな

弥助: (ふと前に歩み出し)おい 小夜、空を 見てみい

ふしぎなことが あるものよ 月が欠け始めたぞ!

こゆき: 月が……!

弥助: 白く輝くまんまる月に

赤黒い影が かかり始めている

村の年寄りが 言ってた通りだ

こゆき: 月が 欠け始めた…(崩れるように座り込む)

弥助: 満月が新月になり 再び満月に戻る

一晩限りのことだそうだがな

どうした 小夜?(こゆきのそばに駆け寄る)

こんなに震えて どうした?

こゆき: ああ 弥助 

強く抱いて この小夜を 放さないで この小夜を

ああ ついに 来てしまった この夜(よる)が

とうとう 来てしまった 運命(さだめ)の夜が

人里降りて三年目 月が一夜で欠ける年

天空の満月が新月に変わる夜

わたしは ここから 消える

弥助: 消える?

ここから 消える? 消える?

こゆき: ああ とうとう 来てしまった この夜が この夜が!

もう ここには いられない(弥助にしがみつく)

弥助: (独白)ここには いられない?

小夜! やはり お前は 

こゆき: 弥助 許しておくれ

小夜は 小夜は 隠し事をしていたわたしは 小夜 でも 小夜は 仮の姿

本当の わたしは…… 本当の わたしは……

言葉が続かないこゆき。弥助は、涙にくれる妻の顔を両の掌(てのひら)で支える。

弥助: こゆき!

こゆき: どうして それを どうして!

弥助はこゆきから離れて立ち上がり、舞台前に歩む。

弥助: ああ 春だった

畑で小夜が泣いていた

菜の花に囲まれ背中を震わせていた

ああ 秋だった

急に家を飛び出したので後を追うと

裏道で泣いてた

どうした? と声を掛けると

涙をかくして椎(しい)の実(み) を拾っているのと笑った

そして 冬

雪降りの夕方、焚き木を採りに出かけようとすると

小夜は 血相変えて叫んだ

冬のお山は けっして行くな!

驚いてお前の顔をじっと見た

そして 気づいた

こゆき お山で逢った こゆきだ!

気づいてた 小夜は こゆき こゆきは 雪女

でも 言い出せなかった 怖かった

もしお前が消えてしまったらと思うと……

こゆき: 弥助!

※本記事は、2019年8月刊行の書籍『雪女とオフィーリア、そしてクローディアス』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。