歌劇 『雪女の恋』

❖登場人物
雪女 こゆき
姉 ふぶき
里人 弥助
山の神

第六場

〈合唱〉が浮かぶ。

男声: 人里では 夕暮れから雪が 舞い始めた

弥助は 裏山で 柴刈りをしていたが

牡丹雪が 粉雪に変わったので 帰り支度にかかった

女声: 家に近づくと 不思議なことに 台所の小窓から 白い湯気が出ている

誰だろう?

小走りに 中へ入ってみると 若い女が 夕餉(ゆうげ) の支度をしている

男声: 女は 小夜(さよ)と名乗った

他の里から この村に来た者だが 行くところもない

嫁にしてくれ と言う なぜか 親しみを覚えた

女声: 束ねた黒髪 白い肌 澄み切った瞳

男声: なぜか 愛しさを感じた 弥助は 女と 夫婦(めおと)になった

女声:女は 小夜 小夜は こゆき 里の女に 身を変えた こゆき

男声: 弥助は 知らずに 夫婦(めおと)になった

一年経って

女声: 玉のような 赤子が生まれた

色白で 目元の美しい 女の子

男声: 二年目になり

女声: 幼子(おさなご) は よちよち 歩き始めた

小夜と弥助に 笑顔がこぼれる

里の夫婦は 助け合う

日が昇れば野良(のら)に出て

日が沈めば土間で藁仕事(わらしごと)

囲炉裏端(いろりばた)で子をあやす

暮らしの中で 幸せ 幸せが ひろがる

男声: やがて 二年が過ぎ去り

三年目が訪れる

女声: 三年目

男声: 人里降りて三年目

月が一夜で欠ける年 天空の満月が新月に変わる夜

里の女の姿は消えて もとの雪女に変わるべし

女声: こゆきと 弥助は 異なる命 別れる運命

合唱: 別れの夜が 近づいていた

こゆきの胸が 締めつけられる

運命(さだめ)の夜が 目の前にあった

あふれる思いで 身がよじられる

舞台溶暗。

第七場

音楽「名残(なごり) の眠らせ唄」の旋律。舞台溶明。

誰もいない空の舞台。こゆきが、舞台上手から「わが子の手」を引いて現れる。

※無対象演技で、実際には子役はいない。

こゆきは「小夜」になっており、衣裳も里の女のものになっている。

音楽「名残(なごり) の遊ばせ唄」。こゆきが、「わが子」を相手に楽しげに歌う。

こゆき: こんこん小山(こやま)の子兎(こうさぎ)は

なぜにお耳が長(なご)うござる

おッ母(か) ちゃんのぽんぽにいた時に

長い木の葉を食べたゆえ

それでお耳が長うござる

こんこん小山の子兎は

なぜにお目々が赤(あこ)うござる

おッ母ちゃんのぽんぽにいた時に

赤い木の実を食べたゆえ

それでお目々が赤うござる

こゆきは胸がいっぱいになり、動きが止まる。

こゆきは「おんぶ」の格好をしながら歌う。

こゆき: いい子だ いい子だ ねんねしな

この子の可愛さ 限りなさ

天に上れば 星の数

松葉の数より まだ可愛い

ねんねんころりよ おころりよ

山では木の数 萱(かや)の数

この子の可愛さ 限りなさ

弥助が、下手に現れる。こゆきは、悲しみのためにその場にしゃがみ込む。

音楽「小夜の涙 弥助の思い」。

※本記事は、2019年8月刊行の書籍『雪女とオフィーリア、そしてクローディアス』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。