壱─嘉靖十年、漁覇翁(イーバーウェン)のもとに投じ、初めて曹洛瑩(ツァオルオイン)にまみえるの事

正月を故郷で過ごそうと、帰り支度をする宦官は多い。そういうわけで、この時期に城内で仕事をしているのは、身寄りがないか、わけあって田舎に帰れない者たちだともいえた。

「そんなら、いっしょに白雲観に行くか? あそこはいいぞ。線香をあげて身を清めたら、あとは無礼講だ。屋台もいっぱい出るから、好きなものが食べられるぞ」

「そう……ですか。いいな」

給金をもらったら、自分も屋台をはしごしながら、腹いっぱい食べてみたい。

「でもその若さで、まわされた先が浄軍とはなア。いったい、誰の名下だったんだ?」

「李清綢(リーシンチョウ)師父です」

「李清綢(リーシンチョウ)! すると、おまえが王暢(ワンチャン)か?」

「そうです」どうして、私の名を知っているのだろう?

「おうい、こいつが、あの王暢(ワンチャン)だってよ」

周囲の目が、いっせいに私にむけられた。

「王暢(ワンチャン)?」

「ほれ、あの、算術博士に喰ってかかった才子だ」

「ほう、大したタマじゃねえか」

「命しらずな……あのあと東廠(とうしょう)に告げ口されて、ぶちのめされたんだろ?」

「いや、違う。彼はこう見えて、武術の達人なんだ。つかまる前に一計を案じて、一網打尽さ」

どういうわけか、事実とはまったく異なる話が、捏造(ねつぞう)流布されている。

「よくやった。博士だかなんだか知らないが、おれも、あの教え方は、気にくわなかったんだ。妙に偉ぶって、もったいつけやがってよう、あんたがあの拝金野郎をやりこめたときは、胸がスーッとしたぜ」

「拝金?」

「そうとも。あいつは推薦状を書くとき、こっそり袖の下を取るんだぜ。ろくに勉強せず遊びほうけていた生徒でも、たんまり銀をさし出せば『勤勉で品行方正』なんて書いてくれるんだとさ。逆に、自分にたて突くような生徒なら、どんなに優秀でも酷評だ。『危険人物ゆえ採用を思いとどまるように』だぜ。ふるってるじゃねえか」

「あのセンセイの一言が、新人の配属先に影響するってわけだ。ま、よくあることだろうが、こっちにしてみりゃとんでもねえ野郎だぜ、まったくよう」

「シーッ! 東廠に聞かれたら、おしまいだぞ。だが、あんたはよくやった。浄軍に落とされるのもかまわずにな。なかなかできることじゃねえ」

ドン、と背中をたたかれた。私はべつに、講師の態度に反抗したのでも、拝金趣味を難じたわけでもなく、教えられる内容が、真実からかけ離れていることを示したかっただけなのである。本人の意図とはうらはらに、私はちょっとした英雄あつかいであった。世の中には、不思議なことがあるものだ。

※本記事は、2018年12月刊行の書籍『花を、慕う』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。