「その時間は?」

「五時ちょうどです」

「ずいぶん正確におぼえてるんだね」

「はい……公園かどこかから『夕焼け小焼け』のメロディーが聞こえてきて、自分でも腕時計を見て確かめたから、よくおぼえてるんです」

「なるほどね……。それで―きみは、ここにいた人間の顔を見たの」

少し間を置いて、祥乃がうなずく。

「見ました。でも、なにをしてたのかまでは……」

ふうん、とひとつ、桂衣子は息をついた。

「じゃあ、単刀直入にきくよ。きみが見た人間は、だれなの?」

周囲で見守っていた生徒たちがにわかにざわめき、だれかが問いを発した。

「ちょっと、おケイ、それどういうこと?」

その問いに対して、というより、祥乃に向かって桂衣子は語りかけた。

「きみは、相当の覚悟をして、目撃した事実の告白を決めたはずだよね。単に、だれかがこの教室にいたのを見たってだけなら、そこまでの決心ができた? たまたま、このクラスの生徒が残っていただけかもしれない―そう考えて、すべて終わりにしてしまったんじゃないのかな」

冷静な桂衣子の言葉に、祥乃のほうがとまどいを隠せないようだった。

「あ、あの……」

「つまり―きみは、ここにいた人間がだれかをちゃんと知っている。そしてそれは、ここにいることが不自然な人間。そういうことだよね」

まるで、観念した犯人のようにうなだれて、祥乃は「はい」と答えた。

「教えて。それはだれなの?」

「美術部の……上原(うえはら)()()先輩です」

※本記事は、2021年4月刊行の書籍『六月のイカロス』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。