夜更けていよいよ月かげ冴えゆけば 峡の村落のひそかしづもり

 

夜更けて傾きめし月明り 松の下生したふの露を照らせり

 

月かげに痩せたる足を照らされつヽ 一人起きをればかなしみもなし

※本記事は、2021年5月刊行の書籍『短歌集 蒼龍の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。