青柴あおしばに黄色の野花のばな美しく 可憐に咲いて涙一粒

暖かな春の日和ひよりに親と子に 眼差まなざしが行く猫の戯たわむれ

吹く風の清々すがすがしさと爽やかさ 初夏香り出す江南の春

※本記事は、2015年12月刊行の書籍『歌集 漣の夢』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。