ホットハウス・アース説(劇症型地球温暖化説)

論文では、ドミノ倒しのように連鎖してホットハウス・アース現象をもたらす恐れのあることとして、次の一〇の自然現象を挙げています。

(1)北極と南極の氷床の減少

(2)夏季の南極域の海氷の減少による気温上昇

(3)夏季の北極域の海氷の減少による気温上昇

(4)北半球の積雪の減少による気温上昇

(5)北方林の大規模な枯死による二酸化炭素の放出

(6)アマゾン熱帯雨林の大規模な枯死(火事も入るでしょう)による二酸化炭素の放出

(7)海洋におけるバクテリア増殖による二酸化炭素の放出

(8)陸上と海洋の生態系による二酸化炭素吸収の減少

(9)海底のメタンハイドレートからのメタン放出

(10)永久凍土の融解によるメタンや二酸化炭素の放出

が挙げられています。

ここに挙げられた一〇の自然現象は、夏季の北極と南極における海氷の減少による気温の上昇、北極と南極の氷床の減少、シベリアなどの永久凍土の融解、世界中で頻発する「消えない」山火事など、いずれもすでにそれと思われる現象が起こっています。

しかもその二酸化炭素の量は膨大です。たとえば、北方の永久凍土に蓄えられている有機炭素の量は一兆三三〇〇億トン~一兆五八〇〇億トンと推定されています。温暖化で永久凍土が融解すれば、地中のメタンが放出されて温暖化がさらに進み、それによってメタンの放出がますます増えます。

すでにシベリアでは数年前から、メタンが放出された大きな穴や傾いた建物などの報告があります(二〇一七年四月、ロシア・ヤマル半島の永久凍土が解け、メタンガスの圧力が地中で高まって爆発してできた直径数十メートルの穴。一度当たり四百万平方キロ、一・五度なら二百万平方キロが解けるおそれがあると報じています)。