二とせのそこひの癒へし喜びも 束の間にして死にし妹

 

兄われによくさからひ妹よ 今はかすけき息もあらぬに

 

藤棚の垂房散りつつ日を経れど 妹思へば昨日のごとし

※本記事は、2021年5月刊行の書籍『短歌集 蒼龍の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。