車から降りると、家族で温泉に浸かりにきたのだろう、子どもたちがはしゃいでいる姿が、入口の方に見えた。

いつもより澄んだ空気を味わいながら、二人は温泉の入口へ歩いて行った。

二人は身体を洗い、露天風呂に向かうと、その広大な大自然と融合された真っ青な空には、目を見張るものがあった。

真っ青な空とは逆さにして、遠くまで広がる青い海にかかるマルーン色の夕日が、水面に反射してキラキラときらめく額縁の世界は、絶景そのものであった。

久しぶりに湯に浸かり、心も体も癒されながら、蓮はその額縁を眺めた。いい眺めだった。

その景色を見ると、時を忘れていつも長湯してしまう。

「しかし、お前から誘うなんて、珍しいな」

額から流れ落ちる汗をタオルで吹きながら、謙介が話しかけてきた。

「ああ」

いつも相談を受けるのは謙介からで、今付き合っている人がどうだとか、お前も彼女を早くつくれだとか、もっぱら恋愛話が長らく展開される。しかし、今日はそうはならなかった。

「何だ? 好きな人でもできたか」

冗談交じりに言いながらげらげらと笑って揶揄う謙介に、蓮は水を差した。

「いや、そうじゃなくて」

謙介は、目を見開きながら言った。

「何だ? どうした」

「謙介は、血液型は確かA型だったよな」

「血液型? ああ、そうだけど。なんだ急に。今更それがどうした」

謙介は質問を急かすようにして返事した。

「もしさあ。血液型が違うって言われたら、どう思う?」

「は? 血液型が違う?」

謙介は眉間に皺をよせ、物思いに耽り始めた。

しばらくの間、沈黙が流れた。

「俺、血液型が違うらしいんだよ」

「え? どういうことだ」

険しい表情のまま、謙介は答えた。

蓮は、病院で血液検査を受けた事、検査の結果B型だと判明した事を謙介に説明した。家族の血液型の構成についても。

謙介は驚きを隠せない様子だった。謙介は、肩まで浸かっていた体を少し冷ます為に湯船から上がり、岩に腰掛けながら、蓮の話を聞いた。

「成る程なあ。そんな事があるのか? ドラマみたいな話だな。それで、お前の親は何型なんだっけ?」

「おふくろはO型で、兄貴もO型。親父の血液型は、忘れた」

最近になって父親と再会したと聞いていた謙介は、蓮が父親の血液型を知らないのも無理はないのだろうと思った。

「なら、普通なら親父はB型じゃないのか」

「まあ、そうだろうな。だけど、もしB型じゃなかったとしたら」

蓮はそこで話を止めた。馬鹿馬鹿しい妄想をしている自分に苛立ってきた。

謙介は、何か言いたげに蓮の顔をじっと見ている。

一度ため息をついてから、謙介が言った。

「それで、おふくろさんにはその事、話したのか」

「いや。謙介だったら、話すか?」

謙介は口を半開きしたまま、蓮から目を逸らした。空は薄い雲が泳ぎ、夕日は水平線に隠れ始めている。

永吉との思い出を振り返ると、永吉が本当の父親ではないかもしれないという事実に、蓮は目を伏せたくて仕方がなかった。

※本記事は、2021年4月刊行の書籍『愛は楔に打たれ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。