序 ─ 嘉靖九年、われ自宮(じきゅう)し、黒戸(ヘイフー)の宦官となるの事

いよいよ諸官とならんで、箒(ほうき)と雑巾を手にしてみると、夢も、希望も、すっかり萎(しな)びてしまった。

「新任は、水を汲んで来いっ! 先輩の所作を、よーく見ておけよ」

小柄な、年配の宦官がひょこひょことあるいて来て、われわれの前に立った。

ああ、あの人は……!

記憶がよみがえる。私が自宮するまえ、柴禁城の外、繁華街へとつながる道ですれちがった、雛(ひよこ)のような歩きぶりの老宦官。

まじまじと、その顔を見た。 六十歳くらいだろうか。宦官の年齢は、見た目からは、わからないことが少なくない。陰嚢(いんのう)をなくした結果、ひげはなくなり、顔の輪郭もしだいに丸みをおびて来て、年輪を感じさせる特徴が、とぼしくなるからである。

彼は腕をたくしあげ、ひしゃくで糞をすくっては、小桶に入れていった。溝穴にこびりついている場合には、篦(へら)をつかってこそげ落とす。あらかたきれいになると、まわりの者が水を流し込む。

「おい、そこの、若いの。香(こう)をもって来てくれ」

言われても、どこにあるのかわからない。老宦官は肩をすくめ、自分で倉庫の扉をあけ、香をとりだした。

「新顔じゃな。早いとこ、どこに、何があるかを、おぼえるんじゃ。でないと仕事にならんからの」

香炉に盛られた栴檀(せんだん)に、火がくべられた。煙とともに、芳香がただよってゆく。

「あの……城外に、出られることはありますか? 実は、以前、あなたさまを見かけたことがあるんです」

「ほう……?」

老宦官は、ふしぎそうな一瞥をくれた。

「ワシは、めったに城外に出ることはないんじゃがな。月に一度、つれ合いの墓参りに、行くくらいのもんじゃ」

「お名前は」

「魏信(ウェイシン)、仲間うちじゃ『老魏(ラオウェイ)』で通っておるがな。わからんことがあったら、ワシに訊け……おっ、あれを見ろ」

南北にのびる通路には、ところどころ大きな門があり、そのうちの一つがひらいて、見るもあでやかな衣裳を着た人々が、出入りしているのが、うかがえた。

「張(チャン)皇后陛下が、ここを通られる。道をあけて、ひざまずくのだ。頭をあげてはならんぞ」

背中をまるめ、亀さながらに首をひっこめつつも、目は、チラチラと横へながれた。

(あれが、皇后さま……)

一同、神妙に首を垂れる前で、金雲龍文(きんうんりゅうもん)をあしらった紅の鞠衣(きくい)が、とまった。

「ここを掃除したのは、だれ……?」  

凜とした声が、宦官どもの項(うなじ)に降った。

「だれなの?」

ひそとして声もなかったが、ややあって、老魏(ラオウェイ)が返答した。

「……私めにございます」  

―いったい、どうなるのか?

私は気が動転していて、禁をおかして、顔をあげてしまった。そして目にとびこんで来たものに、驚いた。宦官どもにかしずかれて、立っているのは、うら若き乙女であった。

翳りのある眸(ひとみ)と、かたく結ばれた朱唇に、笑顔はない。

「おまえか?」

「はい……」

老魏(ラオウェイ)が、こたえた。緊張が走る。諸官は、固唾(かたず)をのんで、つぎの言葉を待った。

「この香りはなに?」

「栴檀(せんだん)にございます」

「ふうん」  

張皇后は目をとじて、つめたい空気をいっぱいに吸い込んだ。


「とってもいい香りね。おまえの好みなの?」

「滅相もございません。これは、倉庫に常備されている品でございまして……」

張皇后は、お付きの宦官に声をかけた。

「孟朗(マンラン)」

「は」  

ふり返った宦官に、私はまた驚いた。颯爽たる清雅の微笑。水気があふれて、したたりそうな美貌である。

「坤寧宮(こんねいきゅう)の清掃は、いつなの?」

「趙三芳(チャオサンファン)によれば、明日の朝になると」

「じゃあ、うちでも、この香を焚いてもらってちょうだい」

「御意」

孟朗(マンラン)とよばれた宦官が、老魏(ラオウェイ)に目くばせした。

「太后さまがお待ちです、いそぎましょう」  

一行は、何事もなかったかのように、通りすぎて行った。

「どうなることかと思いました。あれが、皇后さまなんですね」

「そうじゃ」

「……予想以上にお若くて、びっくりしました」

「おぬし、いくつになる」

「二十五ですが」

「万歳爺(ワンスイイエ)(皇帝)は、おぬしのひとつ下じゃよ」

「ええっ」


「そういうわけじゃから、皇后さまも、妃嬪(おきさき)がたもみな、おぬしよりはお若いであろうのう」

「どこへ行かれるんでしょうか?」

「さだめし仁寿宮(じんじゅきゅう)じゃろう。太后さまと皇后さまは、仲がいいらしいでのう。お二人とも姓は張(チャン)だし、血のつながりがあるのかもしれんな」

「太后さま……でございますか」

「知らんか。ほれ、先代正徳帝のおん母君じゃ。万歳爺(ワンスイイエ)でさえ頭があがらん、序列第一位の貴婦人じゃ」

「その皇后さまのお住まいが、仁寿宮(じんじゅきゅう)」

「そうじゃ。こうして宮中で仕事をしていると、しばしば高貴な方々に出くわす。万歳爺(ワンスイイエ)、皇太后さま、皇后さま、側室の妃嬪(おきさき)がたもな。礼を失してはならぬぞ、その首を、胴にくっつけていたかったら――おお、午(ひる)の鐘が鳴った。休憩しよう」

老魏(ラオウェイ)が、こっちへ来いと手招きした。脳裡には、美しいにはちがいないが、表情にとぼしい、張皇后の横顔が浮かんでいた。まるで蠟細工のようだ、と思った。

「……皇后さまは、いつもあんなお顔なんですか? 笑顔がないというより、生気がないように見受けたのですか」

「それを言うでない」

ぴしゃりある。だがひと呼吸おいて、老魏(ラオウェイ)は言った。

「……宮中にお仕えするようになったのだから、そなたも知っておいたほうがよかろう。いまの皇后さまは二人目での。即位されて、まだ二年ほどにしかならん。嘉靖帝が即位されたとき、最初にめとられた陳(チェン)皇后は、気性の激しいお方での。そのころ、いまの張皇后は、まだ側室の順妃(じゅんぴ)じゃった」

宮中では、皇帝の正室を后(こう)、側室を身分の高い順に、妃(ひ)、嬪(ひん)とよび、厳然たる区別がなされている。

「ある茶会の席で、万歳爺(ワンスイイエ)は、妃が茶を淹れるのをじっとご覧になっておられた。そのときじゃ。陳(チェン)皇后が、どういうわけかいきなり茶器をほうり投げて、立ち上がられた」

「熱い茶の入った……? どうしてそんな?」

「しもじもにはわからん。茶席を前にして、喧嘩なさっていたのかもしれんし、万歳爺(ワンスイイエ)がほかの妃ばかりご覧になるものだから、妬(や)きもちを焼かれたのかもしれん。とにかく、居ならんだ妃のなかには、やけどをした方もいた。無礼なふるまいに、万歳爺(ワンスイイエ)は激怒なさった。それが、たいへんな剣幕での。このとき陳(チェン)皇后は身重で、は
げしくなじられるあまり、とうとう流産してしもうた。惜しいことをしたもんじゃ。生まれておったら、ゆくゆくは皇太子となられるお人だったわけじゃからの。皇后さまは、出血がひどかった、あとを追うようにして、亡くなられた」

老魏(ラオウェイ)は、声をおとした。

「陳皇后は、見殺しにされたというのが、もっぱらの噂じゃ。出血のとまらぬ陳皇后をほったらかしにして、手当てもされなんだらしい。もっとひどい噂もある」

老魏(ラオウェイ)はそこで、口をつぐんだ。

殺されたの……か?  

皇帝が崩御されたときなど、皇后以下の妃嬪もまた、殉葬される――と聞いたことがある。朝、ならべられた豪華な料理に箸をつけたあと、順番に首を刎(は)ねられるのだ。

陳(チェン)皇后の場合は、冥界へ旅立った皇子が、さびしくないようにと……?

「皇后位は空席となり、序列のうえでは最上位だった張(チャン)順妃が、即位された。皇后さまにしてみれば、なりたくもないのに、即位させられたといったほうがいいのかもしれん」

泣いているような、翳(かげ)りのある横顔。

張(チャン)皇后は、即位した経緯に、帝室の底知れぬ冷酷さを、看てとっているのかもしれなかった。

※本記事は、2018年12月刊行の書籍『花を、慕う』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。