ただ、なんなのだ?

医者は依然として、不機嫌な表情から変わりない。

「他にどこか、悪いところがあったんですか?」

そう聞くと、医者は蓮の目を一瞬見たあと、すぐにまた目を逸らした。

蓮は右手で頭を掻いた。何かあるならそうはっきり言ってくれと言いたくなったが、我慢した。蓮はいつにも増して苛立った。

医者は、一つ浅い呼吸をした後、また話し始めた。

「あなた、血液型はO型でしたよね?」

「血液型? ええ、そうですが。それが何か」

何の話だ?

血液検査を受ける前のアンケート用紙には血液型を書く欄があり、確かにそこには「O型」と書いていた。医者はそれを見て答えているのだろうと思った。

思いもよらぬ質問がきたので、蓮は頭を傾げた。蓮は、椅子に深く座りなおし、背筋を正してから、次の医者の言葉を待った。

相変わらず医者は、検査結果の用紙を睨みつけたままだったが、しばらくして、その顔をゆっくりと上げた。

「あなたの血液型ですが。検査の結果は、B型でしたよ」

「B型⁉」

その言葉に、愕然としてしまった。B型、B型と心の中で何回も繰り返した。

血液型がB型に変わる⁉ そんな事がある訳がない。だって、俺は二十年間ずっとO型として生きてきたんだぞ。

俺の友人だってそう思っている。それなら、俺が大雑把で、神経質で、自己中心的で……な性格をどう説明すればいいのか。

蓮は混乱したまま、信じ難いその事実についてもう一度医者に尋ねた。

「俺がB型だって⁉ どういう事ですか」

「どうもこうも、検査結果はそう出ていますよ? 宮﨑さん、以前血液検査をされたのはいつですか?」

「えっと……分かりませんが」

「そうですか。でも良かったじゃないですか。本当の血液型が分かって」

「いやでも」

蓮はこの医者とどれだけ話をしても変わる事のないその事実を、受け止められないでいた。俺がB型、いやそんな筈はないと口に出しかけては、また飲み込んだ。

医者の話はそれで終わった。蓮は逃げるようにして病院から出た。

蓮はすぐにスマホで「血液型が変わる」というキーワードで調べると、早速いくつかの記事がヒットした。

どうやらその記事によると、幼い頃に調べた血液型は、大人になった時に違う血液型で判別される事もあるという。

蓮は妙だなと思えた。おふくろはO型で、兄貴もO型だし、親父は確か……。永吉の血液型を知らない事に、蓮は気づいた。

ネット情報でも信用できずにいた蓮は、この真相を誰かに確かめるべきか、悩んだ。

混乱した頭の中は、深呼吸をする程度では冷静にはならなかった。

「ただいま」

有花が仕事から帰って来たようだ。

「おかえり」

蓮は家に帰り着いた後、居間でテレビを見ながら気を紛らした。

有花が疲れた顔をして、居間に入ってきた。

「健康診断、今日だったんでしょ」

蓮は一瞬どきっとしたが、平然を装った。

「うん」

「で?どうだったの?」

「特に問題ないらしい」

蓮はテレビを見たまま答えた。

「そう。よかったね」

そう言うと、有花は寝室に行った。

蓮は、はあとため息をついた。

その日の夜は、有花とろくに会話もできなかった。動揺して目も合わせられない。

そんな蓮を見て、何か様子が変だなと感じた有花だったが、何も言わなかった。

※本記事は、2021年4月刊行の書籍『愛は楔に打たれ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。