そして直美が11才、雄二が5才の時にある出来事が起こった。

直美が、明日に誕生日を迎える私へプレゼントを渡そうとアパートの近所にあったケーキと洋菓子を販売しているお店に行き、以前から貯金していたお年玉から支払ってシュークリームを3個買って、感謝の手紙を添えてから冷蔵庫の中に入れておいたのを、元夫が見つけて買っておいたシュークリームを全部食べただけでなく、添えてあった手紙を勝手に読んだ後に、破ってゴミ箱へ捨ててしまったのだ。

この日は私が夜勤の当番でいなかったので、アパートには子供達と元夫の3人しかいなかった。直美が私から頼まれていた用事を済ませて雄二と一緒に帰宅してから、ゴミ箱に捨ててある手紙を発見した。

そして、急いで冷蔵庫を確認してから直美は元夫に怒った口調で言った。

「お父さん、なぜ勝手にお母さんへプレゼントするシュークリームを食べて手紙を破り捨ててしまったの? いくら親子でも許せないわ!」

それを聞いた元夫が怒り出した。

「直美、なぜシュークリームが3個しかないのだ。ここの家族は4人だろう。そして、ひろみの誕生日しかお祝いしないのはおかしいだろう。だから、直美に罰を与える為に行ったのだ。これで私が言いたい事が理解できただろう」

それを聞いて、さらに強い口調で直美が返答した。

「あなたは、お母さんみたいに今まで私や雄二にプレゼントすらしてくれた事が無いのに、そんな事を言う資格なんてないわ!」

その返答を聞いて元夫が、直美のおなかを蹴り飛ばした。すると、その状況を見ていた雄二が、直美の前に身体を大の字にして立ってから元夫に向かってこう言った。

「お姉ちゃんを泣かせるな」

その言葉を聞いた元夫は、雄二の頬を手で叩いて床に倒してからこう返答した。

「親の言うことが理解できないから、そんな罰を与えられるのだ。分かったか」

そう言ったあと、元夫は寝床に行ってしまった。雄二は床に倒れたまま泣き続けたので、1度起こしてから直美は周囲に泣き声が漏れないように、雄二の頭部を自分の胸に長時間押し当てて、泣き止むのを黙って待っていた。雄二は、泣き止むと直美に質問してきた。

「お姉ちゃん僕、何か悪い事を言ったの?」

「何も悪い事を言ってないわ。当たり前の事を言ってくれたの。雄二、私を必死に守ってくれてありがとうね」

そう返答してから、雄二の顔をタオルで拭いて寝床に連れていって寝かせた。こんな事が起きて以降、母親の私も含めて誰の誕生日もお祝いすることが無くなった。

※本記事は、2021年7月刊行の書籍『娘からの相続および愛人と息子の相続の結末』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。