樋継いで草むらとほす秋の水

 

境内に何焚くけむり秋桜

木守柿とて天辺をみな残す

※本記事は、2021年1月刊行の書籍『句集 八ヶ岳南麓』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。