穂波は、やっとのことでそれだけ言った。

「机? 机がどうしたっていうの?」

軽く首をかしげ、紗菜絵が穂波の机を見る。そのとたん、紗菜絵の動きがとまった。

「なにこれ……どういうこと……」

「―武藤さん……?」

石になったようにかたまってしまった紗菜絵の脇から、千紘が、恐るおそる机をのぞきこむ。

「え……」

千紘の動きもまた、その瞬間に凍りついた。ただならぬ様子に、遠巻きにしていた男子生徒も近づいてくる。

「おいおい、どうしたんだよ」

男子の中ではリーダー格の古谷将道(ふるやまさみち)が、机を取りかこむ女子にたずねた。

穂波が、小刻みに震える指で机をさす。

「血……」

なに言ってんだ、という顔で、机の中をのぞいた将道が、「うわ!」と声をあげた。

穂波の机の中は、凝固しかけた液体状のもので赤黒くいろどられていた。よく見ると、その液体が机の端から滴って床に落ち、小さな血だまりのようなものをつくっている。

「おいおい、マジかよ……」

「たち、悪すぎだろ」

男子が、代わるがわるつぶやいた。だが、それ以上はだれも近づこうとしない。

いつの間にか、穂波の机を取りまく生徒は、男女あわせて十人ほどになっていた。

その一団から、意を決したようにメガネの女子生徒が歩み出た。髪をアップにして水色のバンスクリップで無造作に留めた女子が、その背中に「おケイ……」と声をかける。

声をかけたのは、高山葉月(たかやまはづき)。「おケイ」と呼ばれたのは、クラス委員の桜井桂衣子(さくらいけいこ)だ。

机の前に立った桂衣子は、自分自身を励ますかのように、すっと背筋を伸ばした。

「桜井さん……」

穂波が、震える声をかける。

桂衣子は、「うん」と小さくうなずき、机に向かってゆっくりと身をかがめていく。

「朝からものものしいわね。どうしたっていうのよ」

背後から鋭い声が響き、その場の全員が振り向いた。

「なんだか、引き抜かれたマンドラゴラの断末魔みたいな声が聞こえたけど」

その少女は、なにかの冗談のようにそうつぶやいた。ただし、そこにいた生徒の中に、彼女の言葉の意味がわかった者はほとんどいなかった。

※本記事は、2021年4月刊行の書籍『六月のイカロス』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。