温暖な風に吹かれて庭木立にわこだち 開花を待って揺れる若枝

 

目が覚めて薄く明るい暁の 今を生きてる貴重な世界

 

数階の上の方より木々望む 均整の美に膨らむ緑

※本記事は、2015年12月刊行の書籍『歌集 漣の夢』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。