第一章 赤い光

交番に着くと、二階の簡素な部屋にぶちこまれた。低く冷たい声で氏名、年齢、住所、電話番号、学校名、担任の名前などを一通り聞かれた。警官は達也の家に電話をかけるが、誰も出ない。受話器を置いた警官に、なぜこの時間にあんな場所にいたのかと問いただされた。


すべて正直に答えた達也に、警官は最後に言い放った。

「学生は学生らしく勉強してりゃいいんだよ。わかったら早く帰りな。二度とこんなことするなよ。もしまた同じことやったら逮捕だからな!」

今度は追い出されるように交番をでると、達也は松本駅へとぼとぼと歩きはじめた。

(怖かったな。このこと、自宅に電話されちゃうのかな。そうしたらバレちゃうな、塾サボったこと。それに万引きしようとしたことも)

学生が足早に達也を追い抜いていく。塾帰りだろうか。携帯で最寄り駅までの迎えを頼んでいるようだった。

(どうせ僕は兄さんと違ってダメな人間なんだ。どうせ僕がどうなったって、みんな心配なんかしないだろ?)

握りしめた手のひらに再び爪が食いこむ。

(あんな大人なんかに僕の気持ちがわかってたまるか。学生は勉強してればいいだって? 勉強する意味がわからない僕はどうしたらいいっていうんだ)

「畜生!」

うつむいて歩いていた達也は、すれ違いざまに若い男にぶつかってしまった。

「す、すみません」

「待てよ」

あわてて頭を下げ、駅へ向かおうとした達也はふいに腕をつかまれた。顔を上げると、仲間らしき男二人が、ぶつかった男とともに達也を取り囲んだ。

「君さあ、すみませんで済むなら警察はいらないんだよね。学校で習ってないのかい?」
一人がニヤニヤしながら言った。

「あ、あのっ僕」

「騒いだらボコボコにしちゃうよ?」
今度は別の男が言った。

「黙ってこっちへ来な」

リーダー格の男が言うと、達也は幅が狭く人気のない路地裏へと連れていかれた。あとずさりする達也。男たちがゆっくりと近づいてくる。表通りを通る車の赤いテールライトがちらちらと見える。助けを求めようにも怖くて言葉がでてこない。達也の体が震えはじめる。

「お兄さんたちね、今度、大学の合コンがあってさ。お金足りないんだよねえ」

「……大学? ……お金?」

混乱する達也に、今度は別の男が言った。

「バイト代、入ったんだけど全額すっちゃったんだよね。さっき、パチンコでさ」

「お金……お金……わ、わかりました」

達也は財布をだそうとするが、思うように体が動かない。なんとか取り出した財布を、リーダー格の男がひったくる。彼は中を確かめると、達也の腹部に強烈な一撃をくらわした。腹を押さえ地面にうずくまる。

「お前、バカか? たかが三百円でお兄さんたちが許してあげると思ったの?」
「そのバッグの中にはねぇのか、ほかに」

別の男が達也の背中を蹴(け)りながら笑いを浮かべる。

「何も……ありません」

塾のテキストや筆記用具の入ったバッグもひったくられ、金目の物がないことがわかると、リーダー格の男が再び達也を蹴った。

「まっ、中坊ごときの金はハナっから期待してなかったが、いいストレス発散になったなぁおい」

※本記事は、2012年5月刊行の書籍『アザユキ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。