草の戸や 天長節(てんちょうせつ)の 小豆飯(あずきめし)

【だし巻き玉子】

材料(4人分)

卵(M)…5個
だし…大さじ6(削り節…6g、水…カップ2)
薄口しょうゆ…小さじ1
塩…ひとつまみ
みりん…小さじ1
砂糖…小さじ1
サラダ油…適量
大根おろし…適量
かいわれ大根…適量

作り方

1 だしをとる。鍋に水を入れ沸騰したら、茶こしに削り節を入れ、熱湯にくぐらせる。
2 ボウルに卵を割り入れ、白身と黄身がよく混ざるように溶く。だし、薄口しょうゆ、塩、みりん、砂糖を加えて混ぜ合わせる。
3 裏ごしをして、なめらかな卵液を作る。
4 卵焼き器にサラダ油をひき、よく熱したら、おたまで1杯分を流し入れる。
5 とろとろの半熟の状態になったところで手前に巻き、向こう側に寄せる。再び卵液
をおたま1杯分流し入れ、同じ作業を繰り返して巻きあげる。
6 皿にできたてのだし巻き玉子をのせ、大根おろしとかいわれ大根を添えると、彩りも美しい一品に仕上がる。

みんなが大好きだし巻き玉子♡ おたまを使うと、均一に焼くことができる。

※本記事は、2019年12月刊行の書籍『一食一句 五・七・五で伝わる母の味』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。