測量の杭打たれたる残り菊

 
 

大学ののつぺらぼうの影に霜

 
 

踏切を真昼の電車初時雨

※本記事は、2021年1月刊行の書籍『句集 八ヶ岳南麓』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。