「何時から何時まで働いているんですか?」

など私への質問もいくつか。

私に興味を持たれたご様子(笑)。

道を確認しながら、正直にお答えしていく。

「タクシーの運転手さんは大変なんですねー。転職しようと、新しいことにチャレンジしようと思うことだけでも凄いですよ」

「わかって始めたつもりでも、やはり厳しい部分も多いですね」

「頑張ってくださいね、ほんとに! あ……そこの角の家の前で」

「ありがとうございます。頑張ります!」

ゆっくり停車。

「こちらでよろしいですか? ありがとうございます。お忘れ物にお気をつけくださいませ。料金は2600円です」

精算し、領収書と弊社のポケットティッシュをお渡しする。

「あとこちら。気持ちなんですけど、風邪などの予防に、のど飴どうぞ」

のど飴を二つお渡しした。

「えー! 飴なんて貰ったの初めて! 嬉しいです。ありがとうございます!」

「いえいえ。子ども騙しですみません。ありがとうございました」

ドアサービスを行い、ご自宅に入られる親子様を見送る。

運転席に戻り、帰り方の確認をしていると、トントン……。見ると、娘様が窓をノックしておられた。

私は何かあったかと思い、外に出て行く。

「これ、お茶なんですけど、良かったら」

袋を渡され覗いてみると、ペットボトルのお茶2本とお菓子が入っている。

「よろしいんですか? お菓子までたくさん入っていますよ」

「いいんですよ。お菓子は私、食べないのでよかったら。お仕事大変でしょうけど、頑張ってくださいね」

最近、仕事面でのストレスで正直、精神的に参っていた。なのでお客様のお気遣いが凄く嬉しかった。

「ありがとうございます。凄く嬉しいです。遠慮なく、頂戴いたします」

私は深々と頭を下げた。

「またお会いできます事を楽しみにしています。タクシーをご利用の際は、いつでも、お呼び立てくださいませ」

「はい! またお願いしますから。お話も楽しかったです」

お客様の笑顔に元気をもらう。

帰り道……。

夕焼けが沈みかけ、高台からみる街はオレンジ色に染まっていた。

私みたいな未熟なドライバーに優しく対応してくださり、本当に申しわけなく、また心から嬉しく思った。

やはり、笑顔っていいな。

笑顔をもらえると心が温かくなる。

私もそういう人になりたい。

お客様のお言葉を噛みしめながら「頑張らなきゃ!」って思った。

夕暮れの住宅地、車を走らせながら、いつの間にか笑顔になっている自分に気がついた

 
 
 
 
※本記事は、2021年1月刊行の書籍『女タクシー日記』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。