大正三年(一九一四)八月十五日、加藤高明(一八六○~一九二六)外相はドイツ政府に対し八月二十三日を期限とする最後通牒を発したが回答はなく、日本政府は八月二十三日をもってドイツに宣戦を布告した。

環の日記は大正二年、三年の二冊が残っており、べルリン脱出の二日前、八月十二日で終っている。

八月二日(日)

昨日留守中に伊藤道郎様来られたとのことであったが午前十一時半ごろ同氏が来られた。(16)

戦争のためドレスデンの学校の先生が大かたは露国人なので、本国へ帰らねばならぬために学校が解散してしまうた。それで英国にその学校の分校があるので、伊藤氏も行きたいが旅費に困るし、日本にいうてやってもとても間に合わぬので困ると言はれた。

お気の毒であるが自分たちも遠からず、その運命になりはしないかと思はれて心配である。十マークだけさしあげた。

※本記事は、2020年10月刊行の書籍『新版 考証 三浦環』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。