人口の川とされてた呑川を 自然の魔法自然が蘇生

女有り男有っての互い哉 相互依存の愛の共生

空霞み日差し温和に桜咲き 春と天真爛漫らんまんとなる

※本記事は、2012年12月刊行の書籍『歌集 星あかり』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。