半桜蕾と花が織り成して 早春語る良き風情かな

夕焼けや万葉からの淡き色 雲並び行き美の境地観る

鳩が舞い桜の花の下に我 川緩やかに楽園わた
 

※本記事は、2012年12月刊行の書籍『歌集 星あかり』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。