翌木曜日、思った通り澱川沿いを歩く長蛇の捜索隊があった。

(これでみつかる。みつけてもらえる。こんな姿で、ごめん、かあさん)

ところが、サクラの現場から、あと五十メートルというところで、急に先頭が止まった。先頭の案内人がトランシーバーで話している。「追分から、きつね温泉跡へいく立ち入り禁止区域で、足跡がみつかった? そこの捜索に人を回すようにって……」

先頭の案内人は躊躇しているようだったが、きびすを返して遠回りで指示された現場に向かった。

(今日じゃないのか。明日は、捜してくれるんだよな)

見上げるとヘリコプターも飛んでいる。

(ここだよ。みつけてくれよ。俺はここにいるよ!)

身体が動けば……。太陽光線にかざせば光る反射板も持っているが、もうサクラの肉体は動くことはなかった。

捜索三日目金曜日。前日から次兄・イオリが来てくれた。母は案の定、喘息発作を起こし病院で点滴してから行くことになった。鬼塚には長兄・ヒョウゴも来ている。二人とも平日なのに、わざわざ関東から来たのか。今日こそ!

炎天下の中、母とイオリが来るころ、打ち切りの様相が強くなった。

(ウソだろ。まだ、澱川を全部歩いてないじゃないか)

警察の地図を覗くと、捜索した道は蛍光ペンで塗られている。そこは、すでに昨日、サクラがいた場所も通って捜索したことになっていた。一度捜索したところは二度は歩かない。

七十二時間のタイムリミットが過ぎ、警察・機動隊・陸上自衛隊・消防団の捜索は終了した。

土曜日、日曜日、サクラを捜すために兄のヒョウゴもイオリも登った。体力のないヒョウゴは日曜日は登らないかわりに、竹谷温泉から自動車道を三時間もかけて歩いた。イオリは左衛門小屋でサクラを大声で呼んだ。

兄貴(あにき)、イオにぃ、ごめん。そこじゃないんだ。イオにぃ、もう少し先なんだよ。地図で「左衛門小屋」って書いてある「屋」のあたりなんだよ)

地図上では左衛門小屋の「佐」のところに左衛門小屋があり、「屋」のところは絶壁で澱川に滑落しやすい場所となっていた。

 

翌週、父・良典が登った。左衛門小屋への往復だけで足腰がくだけた。 

「サクラ、ごめん。おとうさん、捜せなかった」

(おやじ……)

それから、父母は毎日ポスターを貼ったり、ビラを配ったりした。

翌週の一斉捜索も、澱川付近に行くことはなく、みつかるはずがなかった。

さらに父は、その二日後、サクラが行くはずだった登山計画の道を制覇した。

(もう、これ以上、両親を苦しめられない)

武蔵山脈には、単独で山を愛し武蔵山脈を愛し、時々登って、捜索しながら歩く人たちがたくさんいる。誰かが近くに来たら……。

サクラが行方不明になって、十九日目の土曜日だった。澱川から少し離れた登山道を歩く、六十代くらいの男がいた。ベテランの彼は迷うはずなどなかった。ところが……。

男は、澱川付近で通常なら出ない場所に来ていた。今日は澄み切った空、良い陽気。歩きやすく見晴らしも良い。何故、こんなところに来てしまったのか、戸惑っているようだ。

彼の目に、少し大きめの石の近くに茶色の登山靴が映った。近づくと!

「ひ!」

彼は一瞬腰を引いた。まわりを見回すと青い空の下、遠くに「うさぎの耳」と呼ばれる峰が見える。うさぎの耳まで行けば、帰り道がわかる。そして、このことを知らせなければいけない、と彼は思った。

(ありがとう)

サクラは男に頭を下げた。

※本記事は、2020年12月刊行の書籍『駒草 ―コマクサ―』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。