僅かな貯金も底を尽きそうになり、お金を稼ぐために会社に内緒で週三回­ほど夜の勤めにも出るようになった。もちろんマー君にも内緒だった。­

マー君のつれない態度は、沙耶に今一つマー君の心をキチンと掴めていないもどかしさを感­じさせるようになった。沙耶はそれでも文句を言わずマー君に金を渡し続けた。

しかし、良か­れと思い従順であり続けたことが皮肉にもマイナスに作用し、さらにマー君の不嫌気を助長し­た。別れたいとの気持ちからマー君は更なる無理難題を沙耶に押しつけた。

­沙耶が頼み込んで行った喫茶店でのデイトのときだった。

­「俺といたいのなら、証を見せろ」­

マー君はそう言って迫ってきた。

­「証って?」­

金も体も与えた沙耶にはそれ以上与えるものなど何も思い浮かばなかった。­

「他の男にはもう走らないという証さ。覚悟があるなら入れ墨でも彫って見ろと言っているん­や」­

本気か冗談かはわからなかったが、マー君はそう言った。その日のデイトでマー君は沙耶に指一本触れることはなかった。

­別れたくない。失いたくない。付き合いだした頃の私に優しいマー君でいて欲しい。逢う度­にきつく抱きしめられた感触が忘れられない。もう一度抱きしめられたい。こんな思いが四六­時中、沙耶の頭の中でグルグルと回った。

立ち止まり少し冷静になって考えれば、入れ墨が理­不尽な要求だということに気づいたのだろうが、そのときの沙耶は繋ぎ止められることなら何­でもするとの思いに駆られていた。

恋をする女の気持ちは、羞恥、見栄、プライドなどに少な­からず影響されるが、基本的には男と巣篭ろうとする方向に収斂する。これを逸脱するような­ことが発生すると必ず修正しようとする本能が働く。

沙耶にもこの本能が起動した。若い女だ­けに湧き起こる目先の見えなくなるのめり込むような恋の情念に火がついたのだった。

入れ墨­ぐらい何でもない。沙耶はそう思い込んでしまったのだ。­

小さな海辺の町で生まれ育ち、スナック「漁火」で働く美紀には小学生の頃の忘れられない思い出があった――。つましくも明るく暮らす人々の交流と人生の葛藤を描いた物語。
※本記事は、2020年11月刊行の書籍『浜椿の咲く町』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。