これらの作業の面倒なところを一挙に解決出来る菜箸はないものでしょうか。残念ながら、便利グッズを扱っている店でも見かけたことがありません。

何とかならないものでしょうか。

「夢は?」

自分で作る以外にはないと考えてたどり着いた使い勝手の快い菜箸、すなわち快菜箸を以下に紹介します。

大まかに言うと二つ目の出発モデルを進化させることで、使って快いと思われる菜箸を得ることが出来ました。最初に考えたモデルについては、「どう作る?」の後の「出発モデルについて」の項で少し説明したいと思います。

最初から夢見た通りのものは作れないものです。それはともかく、快菜箸は次に示す写真のようなものです。

一見、シンプルな木製トングのようですが、普通のトングとは逆で金属ベルト部を押すと先が開くようにバネが組み込んであります。従って、必要な時にだけ先を開いてものが挟めるようになっています。

 
 
※本記事は、2021年1月刊行の書籍『生物模倣工作のススメ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。