緑葉りよくようの茂る木立に不如帰ほととぎす 連続に鳴く声を聞く朝

繁茂樹はんもじゆに桃源郷の思いする 楽園都市の無錫の市街

一雨ひとあめの湿った土に浮かぶ草 の葉も萌えてシャッキリと立つ

※本記事は、2015年12月刊行の書籍『歌集 漣の夢』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。