我が庭に 競いて咲きし 椿の花 薔薇と見まがう 眞紅にして

満月の 青を求めて 君は逝き 赤き寒椿の 音たてて落つ

トーチカの 隣の屋根に 雪は降る 日本の平和 ありがたきかな

※本記事は、2012年6月刊行の書籍『日々、燦々と』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。