田上が答えた。­

「こんな広い範囲からなんて、どうやって見当つけたらいいんだろう」

と僕。

­「先輩から過去問や重点を聞いてまとめたものがあるらしいけど、試験が近づいたら回っ­てくるでしょう」

高尾が落ち着いて答えた。­やはりクラブ活動に属しているとそういう利点がある。­

「高尾はいいよな、兄さんがいるから。何か資料かアドバイスとかもらえるだろう」

と田上がうらやましそうに言った。­高尾にはこの医学部の2年上に在籍している兄がいると、僕は聞いたことがあった。­

「いくら兄弟でも何でも教えてくれるわけじゃないから。それに兄貴は気まぐれだから気­が向かないと、何もしてくれないよ」

抗議するような口調で高尾がこたえた。

­「もし、万一なにも入手できなかったら?」

僕は不安を隠して、重ねて聞いた。­

「運を天に任せて、自力でやるしかないでしょ」

田上があっさりと言う。現役でここまで­来ている彼には何でも乗り切る自信があるのだろう。­結局、最後は各人が各様に、自分の責任で切り抜けてゆかねばならない。

­確かに、医学部の連中は頭が良かった。自分のような例外もいたが、何でも要領良く、­卒なくこなしていた。不器用の反対語が何か知らないが、いわゆる器用だった。多分、人­生も器用なのだろう。

次に、腹直筋を切断する。周辺に付着して、ベールのように筋を被う結合組織をていね­いに除去し、下方の組織から引き離して浮かせ、独立させる。

1本の硬い焦茶色のゴムの­棒のようになった腹直筋の筋腹中央を、剪刀で真二つにする。それぞれの両端を裏返すと、­表面に糸屑のように神経や血管が張り付いている。

そう言えば、肉屋で売っている食肉に­はなぜ神経や血管がないのだろう。­

※本記事は、2020年10月刊行の書籍『正統解剖』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。