「そんなら、どうする? 恋ばなでもする?」

「あんまり気乗りしないけど、まあ勉強よりはいっか」

僕は無意識にそんな提案をしたが、男子は女子が好きな恋ばなは苦手だ。何をしゃべればいいかわからない。

「あんた好きな人いるの?」

「うーん、いることはいるけど。片想いかもね」

「そうなんだ。優しそうだから、モテるのかと思った」

「モテないよ。彩さんは、どうなの?」

「私? あんま興味ない。男、エロいから。気に入ってた先輩がいたけど、無理やりセックスされたし。だから、いいよ、男は。でも、あんたのことは、まだわかんない。好きなのか、どうか。あんた、何歳も年上だし」

「そっか。だって僕は家庭教師だから。好き嫌いの対象じゃないよ。とにかくいまは彩さんを守る責任があると言うことさ」

彩さんは、僕の言葉を等閑視とうかんししていた。自分に不利な言葉には聴く耳を持たなかった。

※本記事は、2020年11月刊行の書籍『心の闇に灯りを点せ~不思議な少女の物語~』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。