野仏が頬をゆるめて見てござる山あじさいの小さき花ばな

紫陽花の藍に染まりし体にて留守居の夫に電話をしたり

線香の香りを含む初夏の風射干しやがの花群揺らして過ぎる

※本記事は、2015年3月刊行の書籍『歌集 祈り』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。