若夫婦は「奇跡(きせき)だ!」と言ってただただ喜んでいましたが 私は スルガザウルスの尾が波間に突き出て まるで犬のように左右に振られているのを見ていました (うれ)しかったんですね スルガザウルスも

この時のスルガザウルスも分身の一つでした 水難(すいなん)事故(じこ)は海の荒れた日には 浜名湖と遠州灘の時のように 同時に何カ所かで起こることがあるので 夏期(かき)には分身になって行動することが多いのです

昔と今ではスルガザウルスの行動も大きく変わってきています (いくさ)戦争(せんそう)がひっきりなしに起こっていた昔は 殺し合いや火事も頻繁(ひんぱん)戦場(せんじょう)や家々の消火(しょうか) 大量に出た血や遺体(いたい)(なが)()ってしまうようなことまでも スルガザウルスがやっていましたので

それこそ()()もないほどの(いそが)しさでしたが 今の静岡には戦や戦争もありませんから スルガザウルスの活躍(かつやく)機会(きかい)は (むかし)に比べればだいぶ()りました

ただ 頻発(ひんぱつ)するようになった異常(いじょう)気象(きしょう)による洪水(こうずい)氾濫(はんらん) 

高温(こうおん)による熱中症(ねっちゅうしょう)など 昔はなかったようなことが急激に増え その被害(ひがい)も年々大きくなってきています

洪水の場合は たとえ一つの河川(かせん)だけでも大変です 一カ所土手(どて)(くず)れ始めるとあっという間に数カ所に被害が拡大(かくだい)してしまうので 六ザウルス全員を動員(どういん)しても足りません 実際に同一(どういつ)河川(かせん)で六カ所以上も土手が崩れた(れい)はいくらでもあります

ましてや県内のいくつかの河川で同時に起きたりすると もはや全くのお手上げ状態(じょうたい)になってしまいます 災害(さいがい)が起こってから 初めて対処(たいしょ)しようとするのでは全然間に合わないのです

そのための準備(じゅんび)期間(きかん)絶対(ぜったい)に必要になってきました その期間が冬場なのです

冬場は植物なども少ないため 土手や地面を直接目にして 必要があれば手で触れてみて 慎重(しんちょう)にチェックすることができるのです

※本記事は、2021年2月刊行の書籍『スルガザウルスって知っていますか?』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。