するとちじゅは、ツツーッと巣からぶらさがり、クルッとまわってみせました。まるで、ちょっぴりてれているみたいでした。

こうして少年たちは、まい日ちじゅのようすを見に行きました。ときどき、巣についたゴミを、とってあげたりもしました。しかしちじゅは、こんなしあわせな日々が、長くつづかないことを知っていました。

それは、虫の音がさわがしい、秋の夜のことでした。ちじゅがまた、みんなのゆめの中にあらわれました。

「こよいはみなさんを、夜空にごしょうたいしましょう」

いつの間にかみんなのからだが、クモのように小さくなっていました。そして、パジャマのおしりのあたりから、銀色の細い糸がのびていくではありませんか。

「わあ、しっぽがはえてきたみたい!」

ユキチが、うれしそうに言いました。

「なんだ、これ。ふわふわ、ういてるぞ?」

「おれのからだも、ういちゃいそう…」

レオとムッチーは、あわてて手をつなぎ合いました。

「ぼぼぼ、ぼくもだよ!」

ヤマトも、おしりからつまみあげられるようなかっこうで、空中にうかびあがりました。そのとき、海のほうから、風の音が近づいてきました。

ビューン、ヒュルルルル…。

「みなさん! あの風をつかまえて!」

ちじゅも、しゅるんと糸を出しました。

「さあ、出発です!」

風は、やさしくカーテンをゆらすように、みんなを夜空にまきあげました。

「うわぁぁぁぁ…」「ひゃぁぁぁぁ…」「うぉーっほっほっほっほ…」「ひゃあーっはっはっはっは…」

みんなのひめいは、すぐにわらい声にかわりました。

「うまく糸をあやつるのです!」ちじゅは、からだを左右にゆらしながら、一気にまいあがっていきました。

「よぉし! 行くぞ」

レオとヤマトが、あとにつづきます。

「まってよ、ちじゅ」

ユキチとムッチーも、せっせとひらおよぎをしながら、ちじゅのあとを追いました。空には、まん丸のお月さまと、たくさんの星がかがやいていました。

「ひゃっほーっ!」

みんな、ちじゅといっしょに、むちゅうで夜空をただよいました。

「気もちいいーっ!」

「もう、サイコーだね!」

はるか下のほうには、色とりどりの、町の光が見えました。ずいぶん高く、まいあがってきたようです。

 
※本記事は、2020年10月刊行の書籍『ソウル・テール だれも知らない、オレたちのじゅもん』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。