Bの従兄弟が咄嗟に立ち上がった。突然、扉が勢いよく開けられ、一人の女性が部屋の中に入ってきた。

「彼のママだよ」。

Bが私の耳元で言った。何が起こったのか私には全くわからないが、ママの凄まじい剣幕から、彼に対して腹を立てていることだけはわかる。ママは両手を激しく振り上げながら息子に詰め寄り、言葉をまくし立てている。

彼はママの勢いに圧倒され、ヨロヨロと後ずさり。必死に何かを伝えようとするが、ママは全く聞く耳なし。「わかった、わかった」。彼は、そう言いながらママを部屋から追い出そうと身体をグイグイ押す。

「ヤレヤレ、まいったぜ」。

そんな表情を浮かべながら、彼はママと一緒に部屋から出て行った。私たちは何事もなかったように、Ludaのラップに再び耳を傾けつつ、まだ酒をチビチビと飲み続けている。

ふと床に目を落とせば、小さなゴキブリがせわしく動き回っている。正面には、Snoopのフィギュアが立っており、サングラスの奥にある目が私を捉えて離さない。ギラギラ光ったスーツはピンプ(ポン引き)を思わせる。

「私、Snoopの大ファンだったの。すっごいcute(キュート)だったし、ファースト・アルバムは最高だった」

「ファースト・アルバム、あれはまさにClassic(傑作)だぜ。ヤツは、すげーcoolだぜ。キミは彼のこともう好きじゃないのか?なんで?」

「ピンプみたいなんだもん」。

Bは興味深そうに私を見て笑った。窓に掛けられたカーテンを手で退けながら私は外を眺めた。「こんなに高いんだぁ」。私は思わず呟く。ここからであれば、ダウンタウンまで見通せてしまいそうな気がする。

実際は、先の先を見てもプロジェクトだらけ。茶色のレンガでできた高層ビルディングが、ニョキニョキとコンクリートから背を伸ばす。

ずっと先にぼんやりとセントラルパークが見える。気が付けば日が暮れてきた。Bたちは今夜、ミッドタウンで大切なミーティングの予定がある。そろそろ帰った方がよさそうだ。

Bが地下鉄まで送ってくれると言う。私たちは部屋のドアを開け、廊下に出た。キッチンでは、まだBの従兄弟がママとやり合っている。ママの方が圧倒的に優勢に見える。

※本記事は、2020年11月刊行の書籍『HOOD 私たちの居場所 音と言葉の中にあるアイデンティティ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。