禅は舞い上がるような気分になった。その気持ちは初めて味わうものだった。高校時代の全国大会二連覇……その輝かしいバスケット人生の中でも、こんな気持ちは味わった事が無かった。

「嬉しい! 本当に嬉しい!」

それは、ここ数年の嫌な事を、全て忘れてしまうほどの嬉しさだった。禅は約束が出来た安ど感で、再び眠りについた。どの位寝たのだろうか?

時計に目をやると夜の八時を回っていた。

「まだ八時か……もっと寝たように思えたが?」

そして、スマホを手に取り、画面を見た禅は驚愕した。

「なに? 朝の八時!?」

時間は次の日の朝八時を回っていた。酒は完全に抜け、さわやかな寝起きだった。

「一日寝ていたのか!?」

そう言うと禅は、慌ててベッドから飛び起きた。良く考えてみると、何度か起きて水を飲んだりトイレに行ったりした気がする。

「まさか、次の日まで寝てしまうとは……」

禅は、午前中の取引先との打ち合わせを思い出すと、急いでシャワーを浴び、出社の準備をした。禅は鏡の前でネクタイを締めながら呟いた。

「彼女との出会い……夢ではないよな……」

ネクタイを締め終わると禅は、スマホを手に取り、彼女からのメールを確認した。

「やっぱり夢じゃない」

そう呟くと、急いでマンションを出て行った。マンションから会社まで、車で二、三十分程度。会社に着くと、時間は八時五十分を回ったところだった。会社の操業時間は八時三十分……二十分の遅刻だった。

会社に入ると、事務員たちが驚いた顔をしていた。禅は社長になってから、遅刻をした事は一度も無かったからだ。たとえ出社しなくても、出張などの予定を伝えていた。無断で遅刻した事は初めてだった。驚いた顔をした事務員が尋ねた。

「社長、大丈夫ですか?」

「え?」

「何度も電話したのですが……」

禅はスマホを取り出した。会社からの着信が何度かあった。

「すまない、気が付かなくて……」

「………」

黙って見つめる事務員を尻目に、禅は社長室に入って行った。そしてパソコンの電源を入れた。立ち上がったパソコンには、パスワードの入力画面が映っていた。しかし禅は反応しなかった。

ただ考え事をしていた……それは、まるで初めて恋をした少年のようだった。

※本記事は、2020年10月刊行の書籍『アリになれないキリギリス』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。